ハイタク情報電子版は、ハイヤー・タクシー業界の最新ニュースをお届けします。

ハイタク情報電子版は、タクシー、ハイヤー関連の最新ニュースや最新情報を掲載しているハイタク情報サイトです

自民タク議連、総会開き規制改革会議らからヒアリング

2017/03/08(水)
自民党タクシー・ハイヤー議員連盟は8日、党本部で総会を開催し、全タク連、国土交通省、内閣府(規制改革会議)、内閣官房(未来投資会議)からヒアリングし、タクシー業界から新たな取り組みが紹介されたほか、ライドシェア・白タクの問題点等について意見交換した。
金子一義会長
改正特措法の施行によってタクシーの需給調整の効果が出始めているとしたうえで、ライドシェアについては「日経新聞で煽っている部分がある」と指摘し、「タクシーの安全性と労働条件確保を守っていきたい」「地域の実情を受け止めてタクシー業界のあるべき姿を模索したい」と述べた。東京の初乗り距離短縮運賃にも言及し「タクシー業界が色々と新しいことをやっていると都民から好感を持って受け止められている。介護タクシーや見守りタクシー等も含め、努力をしっかりと支援したい」とあいさつ。
タクシー業界は富田昌孝全タク連会長があいさつし、ライドシェアに関する日経新聞の報道や規制改革会議や未来投資会議の動向に懸念を示し、引き続いて自民党ハイヤータクシー議連と連携した対応を訴えた。

総会には国土交通省の藤井直樹自動車局長、早川治官房審議官、鶴田浩久旅客課長、内閣府規制改革推進室(規制改革会議)から刀禰俊哉次長、佐脇紀代志参事官、内閣官房日本経済再生総合事務局(未来投資会議)から広瀬直次長、中原裕彦内閣参事官が出席して質疑が行われた。 

リンク

動画