ハイタク情報電子版は、ハイヤー・タクシー業界の最新ニュースをお届けします。

ハイタク情報電子版は、タクシー、ハイヤー関連の最新ニュースや最新情報を掲載しているハイタク情報サイトです

白タク、次期国会で合法化か、国家戦略特区諮問会議で安部総理が発言

2015/10/20(火)

 安倍総理大臣は20日の国家戦略特区諮問会議で「過疎地等での観光客の交通手段として自家用自動車の活用を拡大します」と、特区制度で「白タク」ライドシェア合法化を認める趣旨の発言をした。会議での配布資料「規制改革事項の追加について」では「次期国会も見据え、特区ワーキンググループにおける協議により、規制改革事項の追加を議論中」の事項の中で、「議論が続いているもの」のトップに「過疎地域等での自家用車ライドシェアの拡大」が記載された。

 安倍総理が直接発言したことで、過疎地でのライドシェア合法化を阻止することは困難となった。総理の発言や配布資料では対象を「過疎地」でなく「過疎地等」としており、過疎地以外の適用拡大の可能性が懸念される。京都の京丹後市が提案している案件をみると、「サービス対象区域の限定」の欄には、「利用者の観点から、公共交通機関によっては十分な輸送サービスが提供されない場合を、区域会議が認定。当該区域において、サービス実施を可能とする。」としており、例として「従来の交通空白地に加え、郊外ニュータウン、通勤時間帯にあける主要幹線道路、観光や特殊需要への対応など」と羅列。実施主体は「株式会社」となっており、「過疎地」以外にもタクシー需要の高い場所や時間帯への適用をねじ込みたい意図がみられる。


リンク

動画